© 2018 Mariko Hayama  All rights reserved.

 Follow me 
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

Synchronicity

With “synchronicity” as the theme, I am creating out-of-the-ordinary theatrical scenery as a part of an attempt to promote sharing of personal emotions and memories with others in public space.

 

At times as when we feel that a protagonist of a film or novel overlaps with ourselves, or when a friend’s personal anecdote causes us to recall something we have experienced, we experience a contentment—a  feeling that we have been able to share something deep in our hearts. Having confirmed rich interaction in the unconscious, Carl Gustav Jung used the term, “synchronicity,” to describe the temporal coincidence of two or more identical or similar events that have no causal relationship.

 

Synchronicity is indispensable for people and society to mature. To bring up my personal background as an example, my mother and I took a longer time than most people to complete the process of separation and independence. During the turmoil of our situation, I performed psychological and sociological analyses. However, in the end, it was a conversation with a third party that paved the way toward overcoming the situation. Sharing emotions and memories with many people enabled an objective understanding of what was happening, and that became mental support.

 

It is simple, but I believe that interaction with others within personal boundaries leads to mutual understanding and growth, as well as to the creation of a society of rich coexistence.

非日常的な舞台装置をつくり、感情や記憶といった個人的なものを公共の場で他者と共有する試みを行っています。

 

映画や小説において主人公と自分が重なる時、或いは、友人の体験談が自分と近しいものだった時、私達は心の深い部分で何かを共有できたような充足感を覚えます。グスタフ・ユングは無意識下での豊かな交流を認めた上で「ある同一あるいは同様の意味をもっている二つあるいはそれ以上の因果的には関係のない事象の、時間における偶然の一致」を「シンクロニシティ/共時性」と名付けました。

 

「シンクロニシティ」は人や社会の成熟に必要不可欠なものです。個人的な背景を例にあげると、私と母は分離と自立のプロセスに通常よりも長い時間を要しました。渦中にある時、心理学や社会学をもって分析もしましたが、乗り越えるための布石になったのは第三者との対話です。多くの人と感情や記憶の共有をすることが、起きていることの客観的理解と精神的支えになりました。

 

シンプルなことですが、個人的な領域において他者と交流することは、相互理解と成長、更には、豊かな「共生社会」の創造へつながっていると思うのです。

 

1/1

​coming soon

 

1/1
 

MarikoHayama / 羽山まり子 

1983    Born in Chiba, Japan / Activity Based,Tokyo

Education

2010 M.F.A Joshibi University of Art and Design,Painting,Japan

2008 B.F.A  Joshibi University of Art and Design,Painting,Japan

Solo Exhibitions

2019 “El Día de la Familia” Escuela Normal Superior de México, Mexico city, Mexco

2015 "Repeating the account of a dream" GalleryAn Asukayama, Tokyo, Japan

2014 “HAYAMA Mariko-Synchronicity-” Joshibi Galleria Nike, Tokyo, Japan

2014 “Look different” Sanbancho Gallery, Saitama, Japan

2013 “HAYAMA Mariko-Someone's house-” LIXIL Gallery, Tokyo, Japan

2010 “Complex Circuit vol.4 HAYAMA Mariko” Gallery αM, Tokyo, Japan

2009 “Keep distance” Joshibi Galleria Nike, Tokyo, Japan 

Selected group Exhibitions

2019 “soureshi” Honma-sake brewing, Gunma, Japan

2018 “The year-end party” art studio dungeon, Tokyo, Japan

2018 “International Exchange Exhibition” Dongshin University, Najy, Korea

2016 “You Meat Art,Kawaguchi” Kyu-Pora / Kawaguchi Municipal art Gallery ATLIA, Saitama, Japan

2014 “Installation Studies” undō, Tokyo, Japan

2012 “Find the sea” gellalterna, Tokyo, Japan 

2012 “The New Artist Exhibition of Kawaguchi 2012” Kawaguchi Municipal art Gallery ATLIA, Saitama, Japan

Art Project / Artist-in-Residence

2018 “An Artist Connection with Gunma” Arts Maebashi, Gunma, Japan

2014 “The Tale of the Bamboo Cutter” atelier25 / Stage work, Tokyo, Japan 

2014 “Wakasa Kumagawa Townscape Art Festival” Fukui, Japan

2008-2010 “WATARASE Art Project” Gunma / Tochigi, Japan

Awards

2011 “The New Artist Exhibition of Kawaguchi 2011” First prize, Kawaguchi Municipal art Gallery ATLIA, 

2008 “Artist Critic Program” First prize, Joshibi University of Art and Design

 

 

略歴

1983年  千葉県生まれ / 東京在住

2010年  女子美術大学大学院美術研究科修士課程美術専攻洋画研究領域 修了

2008年  女子美術大学芸術学部絵画学科洋画専攻 卒業

 

個展歴

2019年 「El Día de la Familia」Escuela Normal Superior de México (メキシコシティ/ メキシコ)

2015年 「繰り返される夢の話」GalleryAn Asukayama(東京)

2014年 「羽山まり子展―Synchronicity―」女子美ガレリアニケ (東京)

2014年 「Look different」三番町ギャラリー(埼玉)

2013年 「羽山まり子展―マイホームー」LIXILギャラリー(東京)

2010年 「複合回路vol.4羽山まり子」galleryαM(東京)

2009年 「keep distance」女子美ガレリアニケ (東京)

 

グループ展歴

2019年 「ソウウレシ 」旧本間酒造(群馬)

2018年 「晦日い」アートスタジオdungeon(東京)

2018年 「国際交流展」東新大学校(羅州 / 韓国)

2016年 「ここにもアートかわぐち」キュポ・ラ(埼玉)

2014年 「Installation Studies」undō (東京)

2012年 「海のいどころ」ゲルオルタナ(東京)

2012年  「川口の新鋭作家展2012」 川口市立アートギャラリーアトリア(埼玉)

 

アートプロジェクト / レジデンス

2018年 「群馬ゆかりのアーティスト 滞在制作」竪町スタジオ/ アーツ前橋(群馬)

2014年 「竹取物語」アトリエ25 / 舞台美術(東京)

2014年 「若狭熊川まちなみ芸術祭」旧逸見勘兵衛家(福井)

2008年-2010年

      「WATARASE Art Project」

      アーティストランプロジェクトでのプロジェクトの企画・運営・滞在制作・展覧会開催

 

受賞歴

2018年  群馬ゆかりのアーティスト 滞在制作 選出(アーツ前橋)

2011年  川口の新鋭作家展2011 最優秀作家賞(川口市立アートギャラリーアトリア)

2008年  Artist Critic Program 最優秀作家賞(女子美術大学)