04.jpg

プラナリア

コロナ禍で行われた「富士の山ビエンナーレ2020」の参加作品のためのプロジェクトです。

対面でコミュニケーションが取れない代わりに「オンラインでゆめの話を集める」ことで地元の皆さんと交流を図ることを試みました。集まった多様なゆめの話を元に「プラナリア」を執筆。それを読むための寝室を制作しました。

寝具は地元茶園・勝亦園様から生茶葉をいただき、1枚1枚草木染めをした布で制作。更にそこには、物語の背景の刺繍を施しました。

また、作品枕元に設置したノートにはプロジェクト参加者のコメントや来場者の「ゆめの話」が書かれており、それを元に第2作目の「Swimming in the bamboo forest」を会期後に執筆しました。

2020-2021 

Collaboration : 富士の山ビエンナーレ2020

photograph : Daisaku OOZU (上3枚) Mariko Hayama (それ以外)

Cooperation:富士山南ろく銘茶 勝亦園

Special Thanks /  一汁三菜 / いとう ひろみ / いとう りゅうき / 浮気してない男 / 岡村義久 / かーたん(北條薫) /後藤 司 / こーすず / 佐藤 / 次郎 / ダース・ベイダー/ふき/ ぼんくら大臣 / まちこ / みーちゃん / みえこ / Miru-iwa / 室伏正一 / 山崎勝弘 / 山﨑吉広 /ゅう/ わかな / 名無しさん数名(五十音順)

S1.jpg
P1.jpg